疑問解決情報発見サイト

入院した方のお見舞いの新常識

      2016/06/18


入院した方の元にお見舞いに行く時には、
くれぐれもマナーには気を付けましょう。

まずいきなり行くのではなく、
行っていいかどうかを聞いて
ください。

入院している時は心細いので、
お見舞いに来てくれれば
誰もが喜ぶと思われるかもしれませんが、
そうとも限らないから
です。


まずかなり衰弱している場合や入院している方が
弱っている姿を見られたくない場合もあるので
来られると困惑されることもあります


特に女性の場合でしたらメイクもできない状態ですので
すっぴんを見られたくないという方も多い
でしょう。

また行く時は小さな子供さんを連れて行かないようにしてください。

まず病院にはウイルスが蔓延していることもありますし
逆に子供から持ち込まれることもあります、
実際小さな子供さんは面会できない決まりのあるところもあるので確認してください。

スポンサードリンク



お見舞いに花を持っていく場合



そしてお見舞いの品と言えば花が定番ですが
これも何でもいいわけではありません

昔から言われているのは鉢植えの花は決して
持って行ってはいけない
ということです。

鉢植えの花は根が出るので根付く=寝付くという
イメージがあり縁起がわるい
からです。


そして花も花瓶が必要なものはなるべく
持って行かない
ようにしてください。

昔は花瓶が必要な花も定番でしたが
花瓶の水により雑菌が繁殖してしまうというのと
落としてしまうと後処理が大変と言うのもあります。


他にも花粉が出るようなものは全面的に禁止になっています。

それでも花を見ると心が癒されるので
持っていきたいという方は造花を持っていく
といいでしょう、
本物に似たものが最近ではありますし
入院した人にあげるお見舞いとしてかなり人気です。

他にも特別な処理を施したプリザーブドフラワーも人気です。

こちらは元々は生の花からできていますが花粉も出ませんし
花瓶も必要ありません。

水替えの必要もないので重宝されます。


食べ物を持っていく際の注意事項



食べ物を持っていくときにも
その方が食べられるものを持っていくように
しましょう。

そもそも入院している方は、
食事制限をされていることが多い
のです。

食べられないものを持ってこられても
家族が持ち帰るだけで、
お礼だけは言わなければいけませんので
あまりうれしくは有りません。

また果物なども食べきれないほど
大量に持っていくのはやめてください


これも家族の迷惑になります。


お金や商品券を持っていく場合の注意事項


そしてお金や商品券を持っていくときには
熨斗のついていない袋に入れるように
してください。

決してお祝いごとではないからです。

ただ出産のために入院している場合は熨斗を付けてください。

スポンサードリンク

 - マナー, 入院 ,

  関連記事

1d850b20f23f794712676d86465ede3b_s
お中元はいつからいつまでに贈るものなのかとマナーについて

お中元というと、 夏に贈るものだというイメージがあるとは思いますが、 いつからい …

298105
テンプレートでも活用できる引っ越しの報告のはがきの作成

長い人生を送っていると、 実に様々な出来事が起きることになります。 その中には引 …

c824_choko2_tp_v
お詫びの菓子折りの金額はいくら程度のもの?相場を知りたい

みなさんだってお詫びのため菓子折を購入して 持っていかなければならないシーンに、 …

599892
上座と下座の席次決めはどうする?

若い人たちは このようなことに対して あまり配慮が ないのかもしれませんが、 大 …

mofuku2_woman
初盆の服装のマナーの基本を知る

私達って現代人だから、 初盆のことが良く判らなかったりしますよね。 でも現代人だ …

109992
洋食のマナーを知って食事を楽しもう!

洋食のマナーに自信はありますか? 披露宴やパーティーなどで 用意される食事は、 …

hamigakisitenai
中学生にだって口臭が…原因・対策について考える

私達は中学生だから、 口臭なんて全然無縁と思っているのです。 しかし、中学生のそ …

478507
出産報告はがきに利用できる便利なテンプレートとは

赤ちゃんが生まれて多くの人に、 喜んでもらいたい、 幸せな気持ちを 報告したいと …

558211
法事の服装は?女性の場合の注意点

法事も、日常的にあるイベントではないから、 どのような服装をしていけばいいか 迷 …

obon_bonchouchin
新盆見舞!伺う時期や相場と熨斗の書き方

新盆という言葉をご存じでしょうか。 故人がなくなって、四十九日後、 初めて迎える …