疑問解決情報発見サイト

梅雨と梅の関係、そして読み方の謎

   


6月になると雨が多くなってきて、
洗濯物も干せないし、
湿気は多くカビは生えてきやすいし、
外出もしづらい、
あまり良いことはないですよね。


ちなみにこの6月から7月にある
長雨の時期のことを梅雨、と書きます。

また、読みは「つゆ」です。

そう書くもの、
読むものとして覚えていますので問題はないのですが、
改めて考えてみると、なぜ梅の字をあてるのか、
そしてなぜ「つゆ」と読ませるのか、
ではあります。


今回は、梅雨にまつわる文字と読み方の謎について解説します。



スポンサードリンク


梅雨という文字は中国から伝わってきた



まず、この梅雨という文字は、
他の多くの言葉と同様に、
中国から伝わってきました

そう、中国にも梅雨はあるのです。

もともとは、中国の揚子江周辺で
こう呼ばれていたのがその発祥
と言われています。

その由来はというと、
大きく分けると二つのものがあると言われています。


まず一つ目は、そのものずばり梅にまつわるお話です。

もともとこの長雨が梅の実が熟す時期に起きていました。

なので、この時期の長雨に
梅雨という名前をつけたというものです。

ちなみに、日本でもこの時期に梅の実は熟しますので、
比較的受け入れやすく広まりやすかった
のかもしれません。


次に二つ目、長雨と言えばカビです。

中国でもやはりこの時期にカビが生えることが多かったので、
黴雨と呼んでいたというものです。

ただ、この文字の語感があまりよくないので、
おなじ「ばいう」という読み方をする
「梅雨」に転じたのではないかというのです。


そう、ここで分かるのは、
中国ではどちらにしても「ばいう」と読んでいたということです。

「つゆ」と読むのは日本に伝わってきてからです。


「つゆ」の由来は?



では、「つゆ」の由来はどこにあるのでしょうか。

一つはそのまま「露」からきているというものです。

この時期は木々も葉を目いっぱい繁らせます。

そこに雨が降れば、一面露の世界と言ってもいいでしょう。

確かに、つゆと呼ぶようになるのも頷けます。

次に中国と同様に梅が熟す時期だからというもの。

これは、実が熟して潰れる、
この潰れるの古語である潰ゆ(ついゆ)が変じて
つゆとなった
というものです。

このような言葉の変遷は良くあることとは言えます。


また、それとは関係なく、
この時期に湿気が高くなることで
食品や衣類などにカビが生えたり、腐ったりという事が多く、
物が衰えるという意味で、
同じく潰ゆ(ついゆ)と言っていたことからきているのでは、という説もあります。

どちらにしても、
梅雨の時期には昔から困らされていたというわけですね。

スポンサードリンク

 - 天候, 梅雨 ,

  関連記事

5d73551178a7a4f51cdc770b9a326458_s
梅雨の正しい意味とは?またいつからいつまで続くもの?

梅雨って何?そう子供に聞かれたとき あなたは答えられますか?? 雨の降る時期だと …

470617
梅雨の時期こそ注意したい、熱中症

熱中症は、気温の上昇に 体の体温調節機能や発汗機能が追いつかず、 体温が異常に上 …

ac515bbc207e884f46becd921bd5d405_s
梅雨のだるさを解消する食べ物

梅雨は雨続きで、 空もどんよりとしているので 憂鬱になりやすい時期です。 湿気も …

1acc4852f87d3039fb81be0a67df4bd0_s
梅雨で体調を悪化させない掃除のヒント

梅雨の季節は、毎年1ヶ月程度訪れますが、 この時対策を行わないと、 体調が悪化す …

a0001_015795_m
梅雨時期には食中毒に気を付ける

健康に過ごすためには、 食事も気を付けるようにしなくてはなりません。 一日三食の …