疑問解決情報発見サイト

軽度の熱中症になってしまったときの応急処置の方法とは?

      2016/07/27

梅雨が空けて一気に暑くなってきましたが、
こういう時期には熱中症にかかる人が増加します。


春から梅雨にかけては気温も低く、
過ごしやすいのですが、
梅雨が空けると一気に気温が上昇、
しかも、この時期は
湿度も真夏より高めなので、
汗が乾きにくく体温が下がりません。

熱中症といっても、
救急車が必要になるぐらい重度のものは少なく、
すぐに治る軽度のものが大半です。

熱中症は予防していてもかかってしまいますので、
発症したときのために応急処置の方法を覚えておきましょう。


スポンサードリンク



熱中症の原因は?


人間の体は暑くても寒くても
ほとんど体温が変化しません。

これは、
体に備わった体温維持のシステムが
きちんと正常に動いているおかげです。

しかし、
あまりに外気温が高かったり、低かったりすると
この働きがうまく動かなかったり、
体温を維持しきれなくなってしまいます。


寒すぎて体温が下がってしまうのが低体温症、
気温が高くて体温が上がってしまうのが熱中症です。


熱中症の場合には、
体の体温維持に重要な役目を果たしている
汗の蒸発も関係しています。

湿度が高くてなかなか汗が蒸発しない状況になると、
体温を下げようと汗を出しているのに効果が出ません。

そうなると、
一気に体温が上昇し、
熱中症の症状が現れてしまいます。

熱中症の症状が出たときは


頭痛やめまいなどが起きたときは、
できる限り早急に涼しい場所へ移動してください。


熱中症は症状が出てからの進行がかなり早いので、
まだ耐えられると思っていても
一気に症状が進んで意識を失うなどの
重大な症状が出てしまいます。

次に、
冷たい飲み物などを飲んで
体温低下と水分補給を行います。


汗を大量にかいているので、
ミネラル分も一緒に補給しましょう。

スポーツドリンクが理想ですが、
もし手元にない場合は、
塩を溶かしたり、梅干しを食べると効果的です。

用意できるなら、保冷剤や氷を使って
首や脇の下などの太い血管が通っている場所を
冷やしてください。


体温の上昇は
内臓機能や脳の働きを低下させてしまうので、
一刻も早く体を冷やす必要があります。


軽度ならそれほど後遺症は気にしなくても大丈夫ですが、
重度なら冷やし始める時間次第で後遺症の重さが変わります。

睡眠と食事が予防の基本


運動中の水分補給や休息は
もちろん大切ですが、
やはり前日の睡眠時間や朝食の有無が
一番の発症要因です。

夏場に外出する予定がある場合には、
できるだけしっかりと睡眠をとり、
朝食もきちんと採りましょう。

スポンサードリンク

 - 病気 ,

  関連記事

272923
インフルエンザの場合、飲酒をしてもよいのか

インフルエンザは通常の風邪と違って ウイルスによる感染症のため、 急な発熱、激し …

komuragaeri
熱中症かも?夜中に足がつる原因

なんだか足がつって変という人たちも いらっしゃるのではないでしょうか。 でも、そ …

sick_narcolepsy
眠気は夏バテで強くなる?睡眠と夏ばての関係をご紹介!

夏になるとなんだか体が重くなって眠気もする、 そんな方はいらっしゃりませんか? …

natsubate_boy2
子供は熱中症になりやすい?お出かけ中の熱中症を予防する方法とは?

一般的に大人より子供の方が 熱中症になりやすいといわれています。 しかも、大人と …

necchusyou_shitsunai
熱中症対策にはクーラーが最適!節電と熱中症予防のどっちを選びますか?

夏になると各地で発生する熱中症、 毎日テレビなどで 熱中症による救急搬送のことが …

pose_inemuri
眠気は炭水化物が原因だった?昼下がりの辛い眠気をなくす方法とは?

お昼ご飯を食べてしばらくすると、 急に強い眠気に襲われると思います。 ばりばり仕 …

virus_zutsuu
眠気や吐き気、頭痛などの症状が現れたときは・・・ひょっとしたら怖い病気が原因かも?

眠気や吐き気、頭痛が1度に起きる症状で お悩みの方はいらっしゃいませんでしょうか …

necchusyou_ojiisan
高齢者に多い熱中症をどう防ぐ?

お年寄りや子供に多い熱中症、 特に高齢者の場合には、命に関わることもあり、 でき …

iryou_taionkei
熱中症を見分けるコツは高熱の有無?体温計で熱中症を予防しよう

気温の上昇により、 患者数が増加気味な熱中症、 予防方法や治療方法がテレビや新聞 …

natsubate_businessman2
熱中症から回復するのにかかる時間は?重度の場合は入院も?

熱中症は危険だといわれてはいますが、 実際にかかってしまった場合、 完全に回復す …