疑問解決情報発見サイト

ふるさと納税が分からない、、確定申告はしなければならない?

      2016/11/07


ふるさと納税という言葉も
最近とても良く聞く言葉です。


しかし、その内容が
どのようなものか
詳しく知っている人たちの方が
少ないのではないでしょうか。

スポンサードリンク


【ふるさと納税とは……】


ふるさと納税とは、
「寄付」を通じ、
地域の人を応援する目的があり、
お礼品を通じて
あらたな地域の魅力を知る
メリットがあります。

寄付金を有効活用した
地域づくりに貢献でき、
地域の生産者も喜ぶ制度です。


寄付した人もお得になり、
みんなが幸せになれる
とても良い制度として捉えることができます。

それは、新たに税を納めるものではなく、
自分が貢献したいと思う都道府県・市区町村への
寄付金のことを意味して、
個人が2,000円を超える寄付を行ったときには、
住民税(5,000円を超える部分)・
所得税(2,000円を超える部分)
から一定控除を受けることが
できるメリットがあります。

どこのふるさとに
納税するか
定義がある訳ではありません。


別にその都道府県・市区町村が
良いと思えば、出身地以外でも構わないです。

【ふるさと納税のメリット】


もう既に、いろいろと
ふるさと納税のメリットを
お話ししてますので
自分もはじめてみようと
思っている人たちが
多いのではないでしょうか。

寄付した自治体から恩恵
(特産品など)が受けられる
というのもふるさと納税のメリットです。


寄付をした自治体から、
お礼状や特産品が贈られてきます。

これを目当てにして、
ふるさと納税をしている人たちも
実際に多くいます。

旬の農産物や、水産物が選べたり、
観光・施設の優待券や、乗馬などの
体験費用など、
いろいろ魅力的な特典を
期待することができます。

ふるさとを自由に選択できるから、
寄付金の使用方法が
選択できるという意味になります。


しかし、ふるさと納税には
ある程度デメリットも
存在しているようです。

それは、寄付金控除の手続きが
少し面倒だったりします。

あなたが寄付をしたい
と思っているのに、
自治体がふるさと納税を
おこなっていない場合もあります。

【寄附金控除は2,000円が自己負担になる?】


ふるさと納税は、
寄附金控除として
節税することができます。

しかし2,000円は自己負担に
なるという点は注意を
しなければなりません。

2,000円を超えた分に対して
控除が適用されます。

年間で10,000円をふるさと
納税という場合には、
寄附金控除になるのは8,000円です。

寄附金控除になる上限額は
人それぞれ違うようです。

その上限までであれば、
ふるさと納税によって
節税対策をすることができます。

自分にとってふるさと納税の
限度額が実際に
どの程度なのか
計算するのがなかなか面倒くさく
判りづらいようです。

給料、他の社会保険料控除によっても
限度額が変わってしまうようです。


年度によって、税制が変わる可能性もありますし。

しかし、会社のお勤めしている
サラリーマンなどは、
ふるさと納税した分の
確定申告は不要です。

以前まではサラリーマンも
ふるさと納税すれば確定申告を
しなければならないため、
これがまたまた面倒くさい
作業だったのですが。

スポンサードリンク

 - 生活 , , , ,

  関連記事

566482
二重あご、短期間でなくす方法ってあるの?エステに行ったほうが良い?

太って見える二重あご、まだ30代、 40代なのにと思っていませんか? この二重顎 …

004900
二日酔いに効く飲み物、コンビニで買える?

お酒を飲んでいる時は楽しいですが、 飲みすぎるとちょっとつらいですよね。 飲んで …