疑問解決情報発見サイト

女性の厄年、やってはいけない事って?

   

私達の体は健康であっても、
気をつけなければいけない事がたくさんあります。

日本では昔から厄年と言って
男女共に厄災に見舞われると言う年齢があります。


男性は数えで25歳、42歳そして61歳、
女性は19歳、33歳、そして37歳と言われています。

スポンサードリンク


女性の厄年、どうしてこの年齢になったの?


この厄年は19歳の本厄、
33歳の大厄、そして37歳の本厄があり、

それぞれの年齢の前後に前厄、後厄と続き、
厄年の前後の年も含めると3年間の厄年となります。


厄年の起源は平安時代に遡ると言われています。
その頃(平安時代)では男性は13歳で元服、大人として扱われ、

25歳頃は仕事盛り
そして42歳くらいで引退していた年代で、
人生の節目に合わせていたのと、
42歳は「死に」と言う言葉の語呂合わせにも良かったようです。

女性の場合、19才頃に結婚出産、
そして33歳頃には子育てが一段落していると
生活環境が大きく変わる時期に当たっています。

大厄の33歳は「散々な目にあう}
と言う語呂合わせもあるようです。



女性の厄年、どのように計算する?


厄年の数え方は数え年。
生まれた年を1年と考えるので
正月ごとに年をとる計算になります。

年が明けて誕生日になるまでは年齢+2歳、
誕生日を過ぎたら年齢+1歳となります。


3月24日に生まれた人は、年が明けて31歳、
誕生日が来て32歳になる年が数え年で33歳となり、
その年が本厄となります。


女性の厄年、どんな態度で臨めば良い?


女性の19歳、33歳、そして37歳、
必ず何か悪い事が起きるとは限りません。

33歳と言うと出産が終わり子育ての真っ最中、

または仕事を続けている人は、
責任のある仕事を任され始める頃です。

精神的にもプレッシャーが多くなる時期。
そして20代の頃のようなパワーも
無くなっていきます。

何時までも若いつもりでいる、
何でもできるつもりでいると、
思わぬ災難にあうと言う事です。


しかし誰でもが当てはまるわけではありません。

その時期婦人系の病気になったり、
離婚などと言う事が出てくると、
本厄だからと言う人もいます。

しかし逆に結婚する、
出産するという人もいます。


女性の厄年、やってはいけない事ってあるの?


昔からの言い伝えでは厄年には
家の新築、結婚、引越し
また転職などをしないほうが良い
と言う言い伝えがあります。

しかしこれはあくまでも言伝え、
自分の人生は自分で決めなければいけません。


厄年が始まった平安時代は、
19歳ではすでに嫁に行き、
出産を済ませていた時代、
それに33歳は子育ても落ち着きいてくる頃です。

また厄年に出産することで、
厄落としが出来るという言い伝えもあります。



女性の厄年、逆にやらなくてはいけない事ってあるの?


厄年には神社で厄払いをしてもらう事も出来ます。
神主さんに厄が付かないように
祈祷してもらう物です。

厄除けとして有名な神社には
神奈川の川崎大師、
栃木県の佐野厄除大師、
東京の神田明神、
成田山新勝寺等があります。

有名な神社でなくても大丈夫。
近所の神社でも厄除けをお願いする事は出来ます。


しかし厄除けをしたから安泰と思わないように。
毎日何があるかわかりませんからね。

スポンサードリンク

 - 豆知識 , ,

  関連記事

7aafd6cca00ec1b487fbaa1dd6f0b21b_s
伊勢神宮と出雲大社の違い

お正月にはいろいろなイベントを もうそろそろ考えている頃かもしれません。 お正月 …

328503
自分で出来る厄除けの方法ってある?

女性の厄年は19歳、 33歳そして37歳。 でもその前後に前厄、後厄とあるので、 …

397501
旧暦と新暦の違いって何?

我々は、何も考えず行動すれば、 今ある時間に生きておれば何事も差し障りもなく、 …

ac1583
日の丸の由来と意味について

祝日に段々と日の丸を家の前に 掲げるケースは少なくなって来たようです。 未だ、交 …